これだけは外せない!収納スペースの作り方

家族みんなが納得できる間取りが大切

収納スペースを作るときは、家族の人数やそれぞれのライフスタイルに合わせることが大切です。建売住宅とは異なり、手作りの家を目指せることも大きなメリットですよね。そのためには、どこに収納スペースを作るのかが大きなポイントになります。せっかく作っても、使う機会が少ないと収納スペースの機能を果たさないかもしれません。「見せる収納」があるように、使う頻度の高いモノの保管場所としても活用できます。キッチンやリビングなど、家族が共有する場所に収納スペースを作る場合は、家族それぞれの使い勝手を考えることも大事ですよね。みんなの意見を聞くことで新たな発見があるかもしれません。収納スペースが「無用の長物」にならないためにも、家族みんなが納得できる間取りを考えましょう。

リフォーム可能かどうかも考えよう

注文住宅を建てるときは、住む人が使いやすいように設計することができます。家族構成は家庭によって異なります。また、家族が重視する生活スタイルも人それぞれですよね。家族の共有スペースを優先するほか、家族それぞれのライフスタイルを重視する設計も可能です。住宅設計をするときは、家族の将来を見据えることも大切です。住宅を建てるときは、現在の家族構成を意識することが多いですが、家族構成は時間の経緯とともに変わっていきます。そのときに、リフォームできるかどうかが大切です。もちろん、リフォームの対象には収納スペースも含まれます。収納スペースをほかの用途に使える間取りも大事ではないでしょうか。「持ち家」の大きなメリットは、自分好みにリフォームできる点です。せっかくのメリットを最大限活用できる間取りを考えましょう。

狭小住宅とは狭い土地に建てる住宅のことで、約15坪以下の土地に建てる住宅のことです。都心など地価の高い場所に多く、地下室を設けたり3階建てにしたりするなど工夫を凝らした家が多いのが特徴です。

© Copyright Order House Catalogue. All Rights Reserved.